兼松は失望売り、未定の13年3月期末配当を無配と発表

兼松<8020.T>が大幅反落。18日引け後に未定だった13年3月期末の配当予想を無配(前期は無配)と発表したことから、これを嫌気した売りが先行している。利益余剰金は一定程度積み上がる予定だが、配当を実施するには十分でないとの判断から配当を見送るとしている。市場では復配の可能性があったことから、失望売りがかさんでいる。

兼松の株価は10時40分現在132円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)