極東貿易が高い、低PBRを根拠に物色意欲旺盛

 極東貿易<8093.T>が目先売り一巡から切り返す動き。同社株は前週13日にストップ高に買われ、14日も続伸したがその後は利益確定売りに調整を入れていた。しかし、下げ幅は限定的で買いニーズの高さを反映している。同社は技術系社員で6割を固める機械商社で、海上保安庁や自衛隊向けなど防衛関連に強みを持つが、業績回復色が鮮明でにわかに注目度が増した。加えて、PBRが0.6倍台と超割安圏にあることが買いの根拠となっている。今3月期の配当は見送る方針で2期連続の無配としたが、単体での欠損が解消されたら配当実施を検討する構えにあり来期の復配は濃厚。

極東貿易の株価は10時44分現在243円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)