三菱商が反発、イタリアで太陽光発電の現地企業を買収と伝わる

三菱商事<8058.T>が反発。19日付の日本経済新聞が「三菱商事と政府系ファンドの産業革新機構は、イタリアで太陽光発電事業を手がける企業を約50億円で買収し、追加で400億円を投じて発電規模を最大で一般家庭の10万戸の電気を賄える20万キロワットに拡大する」と報じた。太陽光発電の導入量で世界2位のイタリアで大規模発電事業のノウハウを蓄積し、安く供給することで欧州の他地域や日本での事業展開に役立てると記事は伝えており、関連事業の拡大につながるとの期待が出ている。

三菱商の株価は10時47分現在1855円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)