東急不が反発し新高値、一段の金融緩和や東急沿線開発でのプラス効果波及に期待

東急不動産<8815.T>が反発し昨年来高値を連日で更新している。日銀による一段の金融緩和から地価上昇などによる不動産事業への好影響が期待されることに加え、16日からの東急東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転の開始に伴い、東急沿線で不動産開発を手掛ける同社に利便性向上によるプラスの波及効果が期待されているようだ。

東急不の株価は11時8分現在917円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)