新明和が反発、好業績の低PBR銘柄で見直し買い入る

新明和工業<7224.T>が反発。同社はダンプカーなどの特装車の大手。駐車場やごみ収集車など国内3社の買収効果に加え、復興関連でがれき運搬車など特装車が好伸長。また、スマートフォン製造用自動電線処理機やボーイング787向けの航空機部品も堅調。13年3月期の連結経常利益は前期比2.5倍の53億円の好見通しにあるが、さらに上振れする可能性がある。飛行艇などの防衛関連でもあり、安倍政権下での防衛予算増加は、来期のプラス材料だ。PBRは0.7倍台と指標面での割安感もあり、見直し買いが入っている。

新明和の株価は13時55分現在648円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)