OTSが大幅5日続伸、みずほ証券が投資判断「買い」継続で目標株価を引き上げ

 オンコセラピー・サイエンス<4564.T>が大幅5日続伸し連日の昨年来高値更新。新興市場のバイオ関連株の一角が活況となっていることに加えて、みずほ証券が投資判断「買い」を継続しつつ、目標株価を23万5000円から39万3000円に大幅に引き上げたことが好感されているもよう。同証券によると、膵臓がんを適応症とするペプチドワクチン「OCV-C01」について販売時期および薬価の見直しを行ったことが要因としており、患者登録が順調であることや優先審査の対象になると予想されること、安倍晋三内閣となり医療イノベーションが認められる医薬品については価値に見合った薬価となる方向であることがより明確になったことから、発売時期について、15年12月の発売(従来は16年5月)に見通しを変更。また、1回当たり薬価を30万円(従来は8万円)に修正している。

OTSの株価は14時6分現在32万500円(△3万500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)