みらかHDは大幅続落、野村証が「ニュートラル」でカバレッジ開始

 みらかホールディングス<4544.T>は一時、前日比320円安の4430円まで売り込まれている。野村証券が18日付のリポートで、投資判断「ニュートラル」、目標株価4620円で新規にカバレッジを開始するとしている。
 リポートでは「14年3月期の営業利益は、前期比横ばいの256億円と予想する。同社は11年11月に米国事業を買収しており、13年3月期売上構成比9%と規模は小さいが、成長の柱として注目されている。米国病理検査に関わる診療報酬が52%引き下げとなり、米国医療改革の影響で病院事業環境の不透明性が増している。環境悪化により米国事業買収金額の5%程度にあたる20億円の減損損失発生を14年3月期予想に織り込んだ」としている。

みらかHDの株価は14時41分現在4460円(▼290円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)