三菱ガス化が13年3月期最終損益の赤字見通しを発表 事業構造改革費用150億円を特別損失に計上

 三菱ガス化学<4182.T>が19日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の4700億円(前期比3.9%増)を据え置き、経常利益は240億円から260億円(同0.4%減)に増額したが、最終損益は50億円の黒字から100億円の赤字(前期は123億2700万円の黒字)に見直した。松山工場のPIA生産の停止に伴う減損損失や撤去費用、コエンザイムQ10事業の撤退損失など、事業構造改革費用として150億円の特別損失を計上するため、最終赤字となるもの。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)