◎欧米外為市場サマリー

 20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=95円99~96円01銭と前日に比べ80銭強の円安・ドル高。対ユーロは、1ユーロ=124円17~21 銭と同1円60銭弱の円安・ユーロ高で推移した。キプロス議会は銀行預金課税法案を否決したが、キプロスがロシアと支援交渉をしていることからユーロに買い戻しが流入した。この日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は前回をほぼ踏襲する内容だった。これを受け、NYダウは堅調に推移しリスクオン姿勢が強まったことから、円は下げ基調となり一時、96円10銭台まで下落した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)