東レが続伸、ユニクロの春夏向け機能性肌着の拡大で業績寄与に期待

 東レ<3402.T>が続伸し昨年3月27日につけた昨年来高値631円を約1年ぶりに更新した。ファーストリテイリング<9983.T>の展開するユニクロが春夏向け機能性肌着の13年販売を前年比56%増の年5300万枚とすると報じられたことから、ユニクロ向けに高機能繊維を手掛ける同社業績への寄与が期待されている。シティ証券によると、これまでのところ、東レのクールビズ関連売上高は、「ヒートテック」を中心としたウォームビズ関連の半分以下の水準(12年度推定約680億円)だが、クールビズ関連製品の成長ポテンシャルの高さを改めて認識し、ポジティブな印象と評価している。

東レの株価は10時29分現在641円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)