<動意株・21日>(前引け)=岩谷産、アズジェント、萩原工

 岩谷産業<8088.T>=ストップ高。燃料電池車への注目度が高まる中で、水素ステーションがクローズアップされている。21日の日本経済新聞で水素ステーションなど水素を供給するインフラ関連市場の拡大余地の大きさを取り上げている。これを受けて水素ステーションの先行整備に前向きに取り組んでいる同社株への注目度が一気に高まった。

 アズジェント<4288.OS>=急反発し一時ストップ高。韓国で複数のテレビ局や金融機関のサーバーが20日に一斉にダウンし、北朝鮮によるサイバーテロではないかとの見方が出ていることを材料視。同社はセキュリティソフトやサーバー監視ツールの販売から構築・運用・分析などを手掛けており、関連銘柄として需要増加への期待が高まっているようだ。

 萩原工業<7856.T>=3日続伸。ポリエチレン・ポリプロピレンを主原料とした合成樹脂繊維のフラットヤーンを用いて、防炎シートや大型土のうなどの建築・土木分野に注力していることから、復興や公共投資増の関連銘柄として関心を集めている。モルタル・コンクリート用補強繊維「バルチップ」も耐震補強に絡んで注目。 

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)