大証金が急伸、貸借取引が活発化で収益拡大観測が強まる

 大阪証券金融<8512.OS>が急伸。株式市場が活況が続いていることで、個人投資家による貸借取引が活発化しており、収益拡大観測が強まった。1月30日に昨年来高値290円をつけてから約1カ月の調整を経て出直っており、株価上昇の一方で需給整理が進んでいることも買い気を誘っている。

大証金の株価は12時52分現在286円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)