八千代銀が大幅続伸、金融緩和の恩恵受ける地銀で低PBRに注目

八千代銀行<8409.T>が大幅に続伸。株価は前営業日比305円高の3310円まで買われ、3月15日につけた3050円の昨年来高値を大きく更新している。黒田新総裁が就任したが、日銀による大胆な金融緩和への期待が高まっており、その恩恵を受ける地銀株の一角には物色が継続している。その中で同社は東京・神奈川北東部が地盤の地銀で、不動産融資に強みを持っており、今後の事業展開上、プラス効果が大きいとみられている。株価はPBR0.5倍台という評価不足の水準にあり、是正高に期待した買いが集まっている。

八千代銀の株価は13時27分現在3280円(△275円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)