日配飼が13年3月期業績の下方修正と配当予想を引き下げ 原料高や円安による製品コスト上昇が収益圧迫

日本配合飼料<2056.T>が21日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正と3月期末配当予想の引き下げを発表。売上高は前回予想の875億円から860億円(前期比4.4%減)に、経常利益は11億5000万円から4億円(同77.2%減)に減額し、34%経常減益から減益幅が拡大する見通し。穀物原料が高値で推移していることや、急激な円安を受けて当初予想を上回る製品コストの上昇による採算悪化が収益を圧迫する。また、3月期末配当は前回予想の年3円から1円減の年2円(前期は年3円)に引き下げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)