<株式トピックス>=日銀・黒田新体制に寄せる期待の中身

 黒田東彦新総裁のもとで、日銀の新体制がスタートした。前評判は高く、4月3、4日に予定されている定例の金融政策決定会合を前倒ししての〝臨時の金融政策決定会合の開催〟や〝異次元の緩和策〟などのフレーズが先行しているが、問題は、実際に打ち出される緩和策の中身だ。
 白川方明前総裁に比べて、資金供給量そのものを拡大して物価の上昇期待に働きかけることを重視するものとみられ、新体制の緩和策は、より量的緩和色が強まる見通しだ。
 日銀が、資産買入れ等基金での国債買入れと、市場から長期国債を買い入れて資金供給す輪番オペを統合し、輪番オペに関わる長期国債の保有残高が日銀券残高を超えてはならないとする「日銀券ルール」を廃止することを検討する可能性が取りざたされている。
 新体制は、金融政策の「レジーム・チェンジ(体制転換)」を印象づけるために、資産買入れ等基金での国債買入れと輪番オペを統合した上で、国債(残存1年超)の買入れ額を月額5兆円程度とし、残存10年超も含めた国債を購入する可能性があるという。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)