◎欧米外為市場サマリー

 21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=94円90~91銭と前日に比べ1円10銭弱の円高・ドル安。対ユーロは、1ユーロ=122円40~44 銭と同1円70銭強の円高・ユーロ安で推移した。欧州中央銀行(ECB)がキプロスに対して25日までに支援合意に達しない場合、緊急流動性支援を打ち切ると通告したことを受け、キプロス不安が高まりユーロは対ドルで1.28ドル台に下落。円も対ユーロで上昇した。米2月中古住宅販売件数は498万件(市場予想500万件)、3月フィラデルフィア連銀景気指数は2.0(同マイナス3.0)と米国経済指標は強弱まちまちとなるなか、キプロス不安からNYダウは下落。円は対ドルで94円90銭台へ上昇した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)