クスリのアオキ、第3四半期業績最終43%増益も急反落

 クスリのアオキ<3398.T>が急反落。同社は21日、13年5月期第3四半期(12年5月21日~13年2月20日)の単独決算を発表、売上高は690億5700万円(前年同期比22.2%増)、最終利益は22億3200万円(同43.4%増)と好調だった。ドラッグストア業界は出店競争や価格競争などで厳しい収益環境にある中で、同社は店舗の新設によるドミナント化推進や、既存店では24店舗の全面改装を実施するなど活性化に注力し収益成長を維持している。ただ、株価は2月初旬以降の上昇で好業績を大方織り込んできており材料出尽くし感があるほか、PERやPBRなど指標面からも割安感が乏しいこともあって利食いの動きが集中した。

クスリのアオキの株価は9時9分現在7540円(▼410円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)