ビックカメラが続落、ベスト電と業務・資本提携解消を発表も反応は限定的

 ビックカメラ<3048.T>が小幅続落。21日の取引終了後、3月31日付でベスト電器<8175.T>との業務・資本提携を解消すると発表したが規定路線であったことから反応は限定的。2007年9月20日付で業務・資本提携を締結し企業価値の向上を図ってきたが、昨年12月にベスト電器がヤマダ電機<9831.T>の傘下に入ったことを受けて事業環境が変化したことから、契約を解消することで両社が合意したとしている。なお、ビックカメラが保有するベスト電器株式1357万7000株(発行済み株式数の7.95%、3月21日時点)の取り扱いについては未定としている。

ビックカメラの株価は9時34分現在4万4450円(▼100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)