モジュレが8日ぶり反落、13年3月期業績予想と配当予想を増額も材料出尽くし感

 モジュレ<3043.OS>が8日ぶりの大幅反落。21日の取引終了後、13年3月期の業績見通しを従来予想の売上高15億6800万円、経常利益1億400万円から、売上高17億7700万円(前期比17.6%増)、経常利益1億8100万円(同2.1倍)に上方修正するとともに、従来1097円を予定していた期末一括配当を1386円(前期無配)に引き上げたが、前日に昨年来高値を更新するなど好業績期待で買われていたことから、材料出尽くし感で利益確定売りが出ているようだ。
 業績予想の上方修正は、本業であるITサービスが計画を上回ったことに加えて、役員に対する長期貸付金の回収が完了したため、計上していた貸倒引当金を貸倒引当金戻入額として営業外収益に計上したことなどが要因としている。

モジュレの株価は9時51分現在12万円(▼1万6700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)