ベスト電が反落、ビックカメラとの業務・資本提携解消で需給悪化を懸念

 ベスト電器<8175.T>が反落。21日の取引終了後、3月31日付でビックカメラ<3048.T>との業務・資本提携を解消すると発表。提携解消自体は既定路線であるものの、ビックカメラが保有するベスト電器株式1357万7000株(発行済み株式数の7.95%、3月21日時点)の取り扱いについては未定としていることから、仮に市場で売却するとなると需給悪化を招くとの懸念から売りが先行しているようだ。

ベスト電の株価は10時28分現在201円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)