グリーが3日ぶり反発、シティが国内モメンタムに改善の兆しと評価

 グリー<3632.T>が3日ぶりに反発。シティ証券では21日付で目標株価を1840円から1600円に引き下げたものの、投資判断「買い」は継続している。同証券によると、第4四半期までは利益面での低迷が続くが、2月後半からはサードパーティ製タイトルに新規ヒットがみられ、ようやく国内モメンタムに改善の兆しがあると指摘。売上高も第4四半期から明確に回復に向かうと想定している。
 また、21日にはテレビ東京ホールディングス<9413.T>傘下のテレビ東京や、東映アニメーション<4816.OS>、バンダイナムコホールディングス<7832.T>傘下のバンダイなどと協力し、「探検ドリランド」を核にメディアミックスを展開すると発表しており、こうした復調に向けた動きも注目されている。

グリーの株価は11時30分現在1210円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)