ユニ・チャームが小幅続伸、ミャンマーの日用品大手買収を発表

ユニ・チャーム<8113.T>が小幅続伸。きょう午前9時にミャンマーの日用品大手、ミャンマー ケア プロダクツ(マイケア)を買収することで大筋合意したと発表した。ミャンマーは人口が約6200万人と多く、出生率も高い同国では民主化や経済制裁の解除から所得水準の上昇により、紙おむつや生理用品の拡大が予想されており、今回の買収で需要の取り込みを図るという。22日付の日本経済新聞の報道によるとユニ・チャームとマイケアの合計で20年に売上高70~80億円を目指すと報じており、ユニ・チャームの12年3月期で営業利益の4割を稼ぐアジア事業の展開に貢献するとの見方が一部で出ている。

ユニ・チャームの株価は11時30分現在5500円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)