Jフロントが3日続伸、含み資産拡大と消費回復の兆し評価

 J.フロント リテイリング<3086.T>が全体軟調相場に逆行して3日続伸、新値街道を走る展開だ。一段の追加金融緩和期待を背景に含み資産関連株が動意する中、同社をはじめとする百貨店もその物色対象として注目されている。一方、資産価格の上昇効果だけではなく、個人消費に回復傾向の兆しがみられることも株高材料となる。2月の全国百貨店売上高は前年同月比0.3%増と2カ月連続のプラスとなったほか、内訳も高級ブランドの好調が目立つなど、百貨店にとって風向きは順風に変わりつつある。

Jフロントの株価は12時57分現在731円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)