アルコニックスが大幅高で3日続伸、レアアース関連として物色の矛先向かう

 アルコニックス<3036.T>が大幅高で3日続伸し、昨年3月15日につけた昨年来高値を更新した。株価は一時、前日比192円高い2030円まで買われる場面もあった。海洋研究開発機構と東京大学の研究チームが21日、小笠原諸島・南鳥島沖(東京都)の海底の泥に含まれるレアアースが、最高で中国鉱山の30倍超の高濃度であることが分かったと発表しており、レアメタルに強い非鉄原料の専門商社である同社も関連銘柄として物色されているようだ。今回、レアアースの堆積物が発見された海域周辺には、日本が消費する数百年から数万年分のレアアースが埋蔵されているとみられていると伝えられていることから、事業機会の拡大につながるとの見方が強まっている。

アルコニックスの株価は13時現在1962円(△124円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)