都競馬が続落、公示地価発表で先駆した含み資産株として利益確定売りに押される

東京都競馬<9672.T>が続落。株価は前日比28円安の379円まで売られている。同社は大井競馬場や東京サマーランドなど、首都圏に保有する土地が多く、日銀による一段の金融緩和期待を背景として、不動産市況の上昇による土地持ち企業の含み資産拡大関連の代表格として人気を集めてきた。だが、きのう国土交通省が13年1月1日時点の公示地価を発表し、地価動向には底入れが確認されたものの、材料がいったん出尽くしたとみた向きの利益確定売りがかさんでいる。

都競馬の株価は14時41分現在382円(▼25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)