ジャックスが13年3月期業績の修正と配当予想の引き上げを発表 貸倒関連費用の減少で10%最終増益へ

ジャックス<8584.T>が22日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正と配当予想の引き上げを発表。営業収益は前回予想の1032億円から1028億円(前期比4.3%減)に減額したが、経常利益は111億円から121億円(同8.8%減)に、最終利益は70億円から75億円(同9.9%増)に増額した。未収債権の抑制による貸倒関連費用の減少が利益増額に寄与する。また、3月期末配当は前回予想の5円から1円増の6円を実施し、年10円から年11円(前期は年10円)に引き上げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)