コックスが13年2月期業績の下方修正を発表 春物商品の販売低迷で経常赤字幅が拡大

コックス<9876.OS>が22日引け後に13年2月期連結業績の下方修正を発表。売上高は前回予想の235億円から234億円(前期比4.8%減)に若干減額し、経常損益は6億4000万円の赤字から8億7000万円の赤字(前期は8億9000万円の赤字)に、最終損益は9億7000万円の赤字から13億2000万円の赤字(同18億4800万円の赤字)に見直した。第4四半期の1月以降、気温が低く推移したこともあり、春物商品の販売低迷や在庫処分の推進により粗利益率が悪化したことや、閉鎖店舗の減損損失を2億3400万円計上することが要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)