【買い】関東電化 (4047)中長期上昇トレンドの初動との認識

●注目ポイント
直近の株価上昇により、短期はもちろん、中長期的なチャートが改善しています。

まず、日足ベースの一目均衡表の転換線(22日現在、205円)がサポートとして機能していますし、すでに「3役好転」が実現しています。
次に、週足チャートでは、これまで抵抗となっていた52週移動平均線(同、199円)を3月22日の週に明確に上方ブレイクしました。そして、週足ベースの一目均衡表の雲下限(同、197円)を上抜き、雲に突入しました。

そして、月足においては、強力なレジスタンスとなっていた9ヶ月移動平均線(同、176円)、12ヶ月移動平均線(同、195円)を上抜き、月足ベースの一目均衡表の転換線(同、194円)をブレイクしました。

これらのことから、現状は、中長期上昇トレンドの初動とみています。