JXHDが反発、来期からの投資で資源開発重点に3年で1兆円報道が手掛かりに

JXホールディングス<5020.T>が反発。25日付の日本経済新聞が「JXHDは2014年3月期からの3年間で1兆円強を投資し、油田や銅鉱山など、海外での資源開発に重点的に振り向ける」と報じた。主力の石油精製など原料を加工する事業の収益が伸び悩んでおり、資源開発まで足場を広げることで利益水準の底上げを狙うと記事は伝えている。28日に発表する3カ年の次期中期経営計画では、16年3月期の連結経常利益は今期予想比2割増の4000億円程度を目指すが、来期以降、経常利益の4割を稼ぐ資源開発関連など石油精製以外の事業が拡大しそうだとしており、中期的な収益拡大への期待から買いが入っている。

JXHDの株価は9時9分現在549円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)