三井物産が反発、ブラジル沖合プレソルト層下油田での超大水深対応FPSO傭船事業へ参画

 三井物産<8031.T>が反発。22日の大引け後に三井海洋開発<6269.T>が推進している、ブラジル沖合のプレソルト層下油田イラセマ・ノルテ鉱区向け超大水深対応FPSOの長期傭船事業に出資参画することに合意し、22日付で関連諸契約を調印したことを発表した。大型タンカーを改造して建造する本案件のFPSOは、2015年第4四半期よりイラセマ・スル鉱区と同じBM-S-11ブロックにあるイラセマ・ノルテ鉱区の開発に投入される予定。18日付では仏トタール社保有のイタリア陸上油田の一部権益の取得も発表しており、海外でのエネルギー開発での展開に関心が高まるところだ。

三井物産の株価は9時53分現在1390円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)