<前場の注目銘柄>=東急不、渋谷再開発で追い風加速

 東急不動産<8815.T>に注目。今月16日から東急東横線と東京メトロ副都心線の相互乗り入れがスタートし、東急東横線の渋谷駅が地下に移設された。この駅跡地の再開発が起爆剤となり、周辺の再開発がさらに加速する。そこでリード役を果たすのが東急不だ。

 同社は、商業施設の賃貸やマンション分譲、不動産仲介なども手掛けている。同社がスポンサーの都市型商業施設や、東京都心オフィスを中心とするREIT「アクティビア・プロパティーズ投資法人」が昨年東証に上場。

 主要エリアの渋谷地区は需給がタイトであり、早期の賃料上昇が期待されている。株価は3月に入り600円台を基点に順調に上昇軌道を継続している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)