佐世保重工が小動き、13年3月期経常赤字幅縮小見通しも期末配当の無配発表で

佐世保重工業<7007.T>が小動き。22日引け後に13年3月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の400億円から355億円(前期比46.3%減)に減額したが、経常損益は33億円の赤字から9億円の赤字(前期は96億9700万円の黒字)に、最終損益は33億円の赤字から6億円の赤字(同7億3400万円の黒字)に見直した。船舶部門の売上高が艦艇・修繕船事業の工事量の伸び悩みで減少したことや、機械事業で新造船マーケットの低迷に伴い舶用機械の売上高が減少したことが売上高減額の要因。また円高是正が急速に進んだことが損失額の大幅縮小に寄与した。また未定だった3月期末配当は無配(前期は年5円)にするとしたことから、売買が交錯し株価は小動きの展開。

佐世保重工の株価は10時39分現在123円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)