GMOクラウドが急反発 タイに合弁会社設立、ネット選挙でも引き続き関心

 GMOクラウド<3788.T>が急反発、昨年来高値を更新した。22日大引け後にタイにおける合弁会社「GMO CLOUD Thailand」(仮称)を設立することを発表、現地でクラウドホスティングサービスの提供を行なう予定で海外展開が関心を集めている。また、夏の参院選でのネットでの選挙活動解禁の動きを受けて、GMOグローバルサインを通じて、ウェブサイトや電子メールにおいて候補者や国会議員を装った第三者による偽サイト・偽メール(なりすまし)を防止する「候補者認証サービス」、「国会議員認証サービス」および「政党認証サービス」を提供していくことも引き続き注目されている。

GMOクラウドの株価は11時1分現在12万7400円(△2万400円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)