ドル/円:8時間足平均足改良版は、「陰線」でも目先の戻りに警戒

■8時間足トレンドチェック
------------------------------------------------

※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足 
チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、 
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:目先の売りポジションは利益確定に:
(第1ポジション⇒+749P達成)(第2ポジション⇒+1150P達成):
週末記載をした95円06銭(すみません、先日は96円06銭と
間違えて記載していました)での売りポジションは、目標値の
94円28銭に届き、プラス78Pとなっています。現在は平均足
改良版の実体部を超えてきていて、戻り形成になりそうです。

☆「ユーロ/ドル」⇒:レジスタンスを超え、買い保有に:
(第1ポジション⇒+1219P)、(第2ポジション⇒+1284P):
週末にレジスタンを超えたことで、買いポジション保有(1.2992)
となっています。また目標値は1.3072となっていて現在
含み益となっていますが、目標値には届いていません。
引き続き「押し目」を拾う展開になりそうです。

☆「ポンド/ドル」⇒中期トレンド、平均足改良版共に「上向き」継続:
(第一ポジション⇒-141P)(第2ポジション⇒+1066P達成)
中期のトレンドは14日に「上向き」に転換した以降、引き続き
「押し目」を探る買スタンスは変わっていません。平均足改良版
も陽線継続で現在値も実体部より「上」で推移していますが、
追いかけではなく、「押し目」を待つ姿勢は変えない方が無難な
相場展開です。