WNIウェザーが13年5月期業績予想を下方修正、受注の一部ずれ込みなど要因

 ウェザーニューズ<4825.T>がこの日の取引終了後、13年5月期の連結業績見通しを従来予想の売上高135億円、経常利益33億円から、売上高130億円(前期比0.7%増)、経常利益30億円(同7.6%増)に下方修正した。航海気象で予定していた受注の一部が来期にずれ込むことや、モバイルインターネットでスマートフォンの売り上げが予定に達していないことなどが要因としている。
 なお、同時に発表された第3四半期累計(6~2月)連結決算は、売上高91億7100万円(前年同期比3.6%減)、経常利益18億4200万円(同9.1%減)となった。船舶の安全性とともに燃費が向上し、高い運航効率を実現する「OSR」サービスの提供が拡大するなど交通気象は堅調だったが、モバイルインターネットの減少や、サービス拡大の要員手当てなどで減収減益を余儀なくされた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)