3月期末に向かって高値圏のもみあい続く

ドル・円の柴田罫線での短期チャート(日足に近い形)でドルの売転換出現
先週の予測では、12671円を突破すると13000円が意識されるが、短期的には過熱感も高まっており、円安が一服すれば利益確定売りで下げる場面も考えられるとしました。週明けの18日(月)にキプロスの預金課税問題を巡る懸念からドルが急落し、日経平均は▼340の12220円と大幅な下げとなりました。しかし、キプロスショックは一時的な見方が多く、翌日には△247の12468円と反発しました。その後は為替も落ち着いたことから、21日(木)には△167の12635円と4日ぶりに昨年来高値を更新しました。しかし、週末の22日(金)はキプロス問題が再燃し、▼297の12338円で引けました。結局、週間で▼1.8%と6週間ぶりに下落となりました。
今週は、懸念されていたキプロス問題が大まかな合意に達したことで、3月期末の日経平均の着地点13000円目標(甘利経済再生担当相発言)に向かう動きとなるのかどうかに注目が集まります。25日(月)は、先週末の大幅下落の反動もあって△169の12507円で寄り付き、後場も一段高となって△207の12546円で引けました。出来高・売買代金は増加しておらず、買い戻し中心の上昇だったといえます。柴田罫線からみると、21日(木)の△167の12635円で更なる上昇の形である「ろく買」が出現していますが、この法則が高値圏で出る場合は、売りに転換しやすいという傾向があります。12671円を抜くことができずに引線の終値で12318円を下回ると、久しぶりに短期の売転換が出現し、12000円台くらいへのスピード調整となる可能性もあります。12671円を突破して13000円を目指すには、為替が円安基調を強めるかにかかっています。