日特陶業が13年3月期業績の上方修正を発表 海外子会社の決算期変更で12%経常増益へ

日本特殊陶業<5334.T>が25日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高は前回予想の2662億円から3015億円(前期比5.9%増)に、経常利益は200億円から268億円(同12.9%増)に増額した。15%経常減益から一転、1割強の増益見通しとした。ドイツ・中国・メキシコ・韓国など海外子会社の決算日を12月31日から3月31日にそろえたことで、これら子会社の13年1月~3月までの業績を織り込んだもの。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)