外為:1ドル93円90銭台へ円高進む、キプロス懸念残る

 26日の東京外国為替市場の円相場は、午前9時時点で1ドル=93円96~97銭と前日午後5時時点に比べ64銭の円高・ドル安。前日の海外市場ではキプロスへの金融支援策が他国でも適用される可能性があるとの観測が広がり、ユーロ売りが進行。ユーロは対円では1ユーロ=120円83~87銭と同2円11銭の円高・ユーロ安で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)