テンプHDが続伸、インテリジェンス買収報道を好感

 テンプホールディングス<2181.T>が続伸。人材派遣業界2位の同社が同6位のインテリジェンスHDを買収すると26日付の日本経済新聞が報じたことが、株価を大きく刺激している。4月にも米投資ファンドのKKRからインテリジェンスの全株式を700億円前後で取得すると伝えられており、これに伴い3位のパソナグループを大きく引き離すことになることから、業容拡大を評価した買いが優勢となっている。インテリジェンスは「DODA(デューダ)」ブランドの人材紹介サービスで有名であり、テンプは同社の買収を通じ手薄だった紹介や広告事業に厚みを加え、業界トップのリクルートを追い上げる方針。また、これは業界再編の動きを刺激する可能性もあり、他の人材関連株に思惑が波及する可能性もある。

テンプの株価は9時8分現在1606円(△53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)