ラクオリアがストップ高、米国での特許査定を材料視

 ラクオリア創薬<4579.OS>が一時ストップ高に買われる人気となった。同社は疼痛疾患に強みを持つ創薬ベンチャーだが、25日、同社創出のアシッドポンプ拮抗薬が米国において物質特許の特許査定を受けたことを発表、これが材料視された。同社は、既に日本、欧州、中国を含め10カ国以上で物質特許権を有しているが、今回の特許査定で、米国でも同社の知的財産権が強化されることとなった。アシッドポンプ拮抗薬は胃食道逆流症治療薬として、現在の第1選択薬であるプロトポンプ阻害剤とは異なるメカニズムで同薬品よりも速やかにかつ持続的に胃酸分泌を抑制できる薬として注目されている。また、消化性潰瘍など他の胃酸分泌関連消化器疾患の治療薬となる可能性もあり、ビッグマーケットである米国での特許査定で今後の展開に期待がかかる。

ラクオリアの株価は9時48分現在1400円(△269円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)