アンジェスMGがS高カイ気配、日本臓器製薬と開発販売権許諾契約を締結

 アンジェスMG<4563.T>がストップ高カイ気配となっている。この日の10時頃に日本臓器製薬(大阪市中央区)との間でNF-κBデコイオリゴを用いた椎間板性腰痛症を含む腰痛疾患を適応症とした日本における独占的な開発販売権許諾契約を締結したと発表したことを材料視。NF-κBデコイオリゴは、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、血管炎症による再狭窄など炎症性疾患の治療薬として同社が開発を進めている核酸医薬。過剰な炎症反応や免疫反応を原因とする疾患の治療薬としての有効性が期待されている。

アンジェスMGの株価は11時19分現在14万9600円(△3万円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)