<動意株・26日>(前引け)=ジャックス、ダイコク電、富士急

 ジャックス<8584.T>=大幅続伸。前週末の22日に13年3月期連結経常利益の増額修正と配当予想の引き上げを発表。営業収益は前回予想の1032億円から1028億円(前期比4.3%減)に減額したが、未収債権の抑制による貸倒関連費用の減少が利益に寄与することを理由に、経常利益は111億円から121億円(同8.8%減)に、最終利益は70億円から75億円(同9.9%増)に増額している。

 ダイコク電機<6430.T>=急反騰。25日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高560億円、経常利益50億円から、売上高590億円(前期比25.3%増)、経常利益70億円(同97.7%増)に上方修正したことを好感。情報システム事業で、4月に発売したCRユニット「VEGASIA」がホール店舗システムとの一体化による機能性の向上が高く評価され販売を伸ばした。

 富士急行<9010.T>=大幅高。同社は、日本有数の観光地で、外国人観光客にも人気の高い富士山周辺で、遊園地・ホテルなどのレジャー施設、バス・鉄道などの交通インフラの運営などを手掛ける総合レジャー企業。13年3月期は、主力の富士急ハイランドのほか、さがみ湖リゾートなど他のレジャー施設が好調で、前期比20.5%営業増益の34億円の見通し。外国人観光客の復調傾向も追い風となっている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)