日本取引所が最高値更新、収益増額の流れを好感

 日本取引所グループ<8697.T>が大幅高で上場来高値を更新、8000円台乗せから一段の上値指向をみせている。全体相場がアベノミクスへの期待感や黒田日銀総裁のもとで金融緩和への思惑が募る中、腰の強い展開を示しており、手数料収入拡大の追い風が強く意識されている。13年3月期の営業収益は、昨年来の現物株取引きの活性化で従来予想に40億円上乗せした715億円、最終利益も同15億円増額の110億円見通しと絶好調。全国での株式セミナー開催など個人投資家の投資環境の変化を最大限に取り込む戦略を打ち出している。

日本取引所の株価は13時11分現在8540円(△390円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)