コープケミカルが3日ぶり反発、農業関連の低位株で短期資金が物色

 コープケミカル<4003.T>が3日ぶりに反発。株価は前日比20円高の145円まで買われている。政府はTPP交渉参加を正式に表明したことから農業強化策が採られる方向にある。同社は全農系の化学肥料の専業だけに、今後のビジネス拡大への期待が高まっている。株価低位の小型株であり、きょうは目先の値上がりを狙った短期資金の物色対象になっているようだ。

コープケミの株価は13時11分現在135円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)