大塚HDがしっかり、2型糖尿病治療剤の製造販売承認を取得

 大塚ホールディングス<4578.T>がしっかり。25日に協和発酵キリン<4151.T>と国内独占開発・販売権の譲渡契約を結んだ2型糖尿病治療剤「オングリザ錠」の製造販売承認を取得したと発表した。オングリザはジペプチジル・ペプチダーゼを選択的に阻害する経口糖尿病治療薬で、米国、EUをはじめ世界の85カ国で承認されている。今後、大塚製薬から協和発酵キリンへ国内製造販売承認の承継手続きを進めるが、大塚製薬は契約締結時の一時金30億円に加え、今回の承認に伴い、協和発酵キリンから82億円を受け取り、発売後も売上高に応じたロイヤルティを受け取ることになる。

大塚HDの株価は13時19分現在3250円(△40円)
協和発酵キリンの株価は13時19分現在1079円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)