イナリサーチが大幅4日続伸、引き続き移植寛容型カニクイザル開発を材料視

 イナリサーチ<2176.OS>が大幅4日続伸で連日の昨年来高値更新。引き続きiPS細胞研究や再生医療の発展に向けた、移植寛容型カニクイザルを開発したことを好感した買いが入っている。再生医療の研究の際、ヒトでの臨床研究の前に動物実験の需要が増えると判断して、違うサルの細胞などを移植しても拒絶反応が起こりにくいサルを用意し、拒絶反応に邪魔されずに移植後の経過を観察できるようにしたのが今回の開発の利点。今後、iPS細胞を使った再生医療ビジネスの拡大が見込まれる中、需要増による業績拡大への寄与が期待されているようだ。

イナリサーチの株価は15時4分現在1100円(△43円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)