本州化学が13年3月期業績の下方修正を発表 原料の調達難で66%経常減益へ

 本州化学工業<4115.T>が26日引け後に13年3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の160億円から154億円(前期比5.7%減)に、経常利益は10億5000万円から5億円(同66.6%減)に減額した。三井化学の工場火災事故により原料の調達難から主力のクレゾール誘導品の生産・販売が大きな影響を受けたことや、デジタル家電向け需要の回復が遅れたことが要因。また、同時にこれらの影響が一巡する14年3月期は売上高179億円、経常利益13億5000万円を見込んでいると公表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)