ハニーズの12年6~13年2月期決算、営業利益12.5%減

 ハニーズ<2792.T>は26日、12年6月~13年2月期の連結決算を発表、売上高は前年同期比3.3%増の446億4800万円、営業利益は同12.5%減の25億1400万円、最終利益は同3.4%増の14億4500万円だった。同社は10~30代を主な対象とした婦人服の製造小売り大手だが、消費マインドなど一部に復調の兆しがみられたものの、天候要因(寒気の影響)で春物の立ち上がりが遅れるなどで利益面の伸び悩みにつながった。営業利益は前年同期比でマイナスとなった。出店を強化している中国での売上高は新規出店効果により前年同期比5割強増えるなど好調な伸びを示したが、景気のスローダウンの影響や出店費用が重荷となり、営業利益段階では2割近い減益となっている。なお、通期業績については従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)