アルデプロが13年7月期純利益予想を上方修正、債務免除益を特別利益に計上で

 アルデプロ<8925.T>がこの日の取引終了後、13年7月期の業績見通しを従来予想の売上高27億8000万円、営業損益2億3000万円の赤字、純損益9000万円の赤字から、売上高28億円(前期比13.6%減)、営業損益4億円の赤字(前期51億3200万円の赤字)、純損益3億9500万円の黒字(同44億6900万円の赤字)に修正した。取引先からの債務免除を受けたことで債務免除益2億9500万円を特別利益に計上したことなどが最終損益黒字化の要因。ただし、現時点において13年7月期末の純資産は、今期中に金融機関からのこれら債務の圧縮を全て受けた場合に約9億円の債務超過(3月15日時点で7億5000万円の債務超過予想)、全て受けなかった場合は約39億40百万円の債務超過になるとしており、仮に2期連続で債務超過となった場合は、上場廃止基準に抵触することになる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)