テセックが13年3月期業績予想を下方修正、半導体業界の新規設備投資抑制が響く

 テセック<6337.OS>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高32億5000万円、経常損失8億2000万円から、売上高26億7000万円(前期比43.0%減)、経常損失10億円(前期5億6100万円)の赤字幅拡大に下方修正した。半導体市況の低迷を背景とした新規設備投資の想定以上の抑制が響いたとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)